所得証明書不要でキャッシングするなら

収入証明書不要で申し込めるカードローン

カードローンへ新規でお申込みされるときは、本人確認書と収入証明書の2つの必要書類の提出が求められます。本人確認書は運転免許証で良いのですぐに準備ができます。しかし収入証明書は源泉徴収票や給与明細書などで準備するのが難しい場合があります。そんなときでもオリックス銀行のカードローンなら一定の条件を満たせば収入証明書不要でお申込みすることが可能です。条件はご利用限度額が300万円を超えないことです。300万円を超えるご利用限度額が必要なケースはあまり無いでしょうから、実質収入証明書を提出せずに済みます。準備が難しい場合はオリックス銀行のカードローンに着目してみて下さい。

少なくてもいいなら利用を考える

収入証明書を提出しなくてもいい場合、利用出来るのは50万円以下に制限されます。これ以上の金額を借りたいと思っているなら、確実に提出をしなければなりません。アルバイトやパートの方は非常に便利かもしれませんが、正社員の方にとっては考えるポイントとなります。利用できる限度額が低くても、すぐに返済をして何度も利用する方法を考えるなら、50万円以下に設定して申込みをすればいいです。これによって収入証明書のコピーを取る必要が無くなり、個人情報を漏えいさせることが無くなります。生活費目的なら収入証明書を出さない方がいいでしょう。

みずほ銀行カードローンの必要書類

初めてカードローンを利用されるという方にとっては、事前にどのような書類が必要になってくるのか、意外と知らないことも多く、できるだけ提出書類を少なくしたいと考えている方も多いと思います。カードローンを申し込む際に収入証明書が必要書類になっているところも多いですが、みずほ銀行のカードローンで限度額200万円以内の融資を希望されているという方であれば、収入証明書不要で申し込むことが可能になっておりますので書類の準備も手軽にできるというメリットがあります。運転免許証などの身分証明書があれば利用が可能となっておりますので非常に利便性に富んでおります。即日借り入れの比較をする。 参考サイト:レイク増額

総量規制対象外のキャッシング契約の検討

キャッシングを「おまとめ」(一本化)

インターネットやラジオ等のメディからの情報で、「おまとめローン」なるものを見聞きすることがあると思います。現在、複数のカードキャッシングで、月々の返済が大変だという方もいらっしゃると思います。この「おまとめローン」でカードキャッシングの完済を目指したい方へ、参考としての情報となります。 複数のカードキャッシングを「おまとめ」(一本化)しようとすると、一本化する為に契約するローンカードの限度額は大きいものでないと難しいと思われます。消費者金融系のカードでも一本化は可能ですが、それには「総量規制」という縛りがあります。

総量規制とは

総量規制とは、貸出金額を「収入の3分の1以下にしなければならない」という法律です。実際は、その範囲に留めなければ、将来に渡って、返済が厳しくなるであろう、または、回収困難な顧客が増え、貸し出す側の債務が増えてしまうであろうが故の措置と理解しています。 その為、用意されている限度額は大きく設定されているのですが、実際に審査申し込みをすると、限度額が低く設定され、おまとめローンとしての利用の為に必要な金額に満たない場合があります。

みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・オリックス銀行

しかし、「総量規制」対象外のローンカードは存在します。主には「銀行」の名のつくところ。みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・オリックス銀行といった銀行系が出しているローンカードは「総量規制」の対象外です。 それらであれば、信用度が高めであれば、収入の3分の1を超える限度額を得ることが出来ます。現在は、銀行系も敷居の高いものではなくなったと思いますので、「おまとめ」をご検討中の方は、是非、銀行系のローンカードについても情報を得て、候補の一つとされることをお勧めします。